• 新着記事
メニューを閉じる

PICKUP TAGS

メニューを閉じる

| 2020.07.15

”プラントベース(植物性)”100%メニューの喫茶店「KOMEDA is □東銀座店」が、2020年7月15日(水)オープン

美味しいコーヒーと落ち着ける空間で、日々の生活に「くつろぎ」を提供してきたコメダ珈琲店が手掛ける「コメダ」が、地球に寄り添いながら、地球と一緒に“くつろぎ”を楽しむことができる新業態カフェとしてプラントベース「KOMEDA is □(コメダイズ)」を展開。

店舗名「KOMEDA is □」の「コメダイズ」という言葉は、当店のメニューで用いられる主原料である「米+大豆(コメ・ダイズ)」を、“□”は、「コメダで過ごす時間にお客さまが感じる、魅力や価値」を表現。

Komeda is “relaxing”“delicious”“creative”“comfortable”など、その□に入る新しい魅力をどんどんつくっていきたい。くつろぎの幅をもっと広げていきたいという想いも“□”=空欄に込められているそうです。

環境負荷の少ない“プラントベース(植物由来)”という食スタイルを、美味しさと食べごたえにこだわるコメダらしいメニューとして「いつものくつろぎ」とともに提供することで、サステナブルな社会の実現を目指した店舗となっており、店内の内装にも施工されています。

100%プラントベースで実現!コメダの代名詞でもある“モーニングサービス”で、まずは朝からちょっと地球にいい新習慣を!

開店から11時までドリンクを注文された方に、バターの替わりに「塗る豆乳クリーム」を使用したプラントベースのトーストを提供。 トッピングは、上白糖不使用※の「ジャム」や「小倉あん」、ゴマとテンサイ糖シロップを混ぜた「ゴマコンフィ」の3つから選択可能とのこと。

※上白糖にはサトウキビを精製する際、ろ過のために牛骨炭や骨炭という畜産動物の骨が使われているため、「KOMEDA is □」では上白糖も使用していません。

ランチは普通より良い“別品(べっぴん)”で。特注 米粉入りバンズを使ったバーガーもプラントベースで。

「ダイズミート」のパテに、天然醸造、熟成の伝統調味料を贅沢に使ったオリジナルの照り焼きソースを合わせたべっぴんバーガー“アボ照り”。米粉入りバンズを使い、美味しく食べごたえも抜群です!

「ダイズミート」のパテに、天然醸造、熟成の伝統調味料を贅沢に使ったオリジナルの照り焼きソースを合わせたべっぴんバーガー“アボ照り”。米粉入りバンズを使い、美味しく食べごたえも抜群です!

カット方法も指定できます。

※この他にもバーガーやミートソースパスタに使われる肉はすべて「ダイズミート」に変えて調理しています

午後のくつろぎに欠かせないサステナブルなコーヒー

アラビカ種100%のサステナブルなコーヒー豆を使った「コメダブレンド」とともに、サイフォンで淹れるスペシャリティコーヒーとして、レインフォレスト・アライアンス※認証農園のコーヒー豆を使用した「レインフォレストシティロースト」と、コクのあるブラジル最上級グレードの豆をベースにキリマンジャロをブレンドしたコーヒー「コメ黒」を提供するこだわり。

※レインフォレスト・アライアンス:地球環境保護と人々の持続可能な生活を確保することを使命とした、非営利環境保護団体。森林や生態系の保護、土壌や水資源の保全など、厳しい基準を満たした製品にのみ、その認証が与えられる

コメダ初!お米を使用したパンケーキなどスイーツメニューも登場。

これまでお米を使ったメニューを取り扱ってこなかったコメダが満を持して提供する、国産米粉100%のコメパンケーキなどのデザート8種を展開。

お米と水からできた“ライスジュレ”を使うことで、食感にこだわった逸品となっている。また、甜菜糖やメイプルシロップを使用することで、より上品な甘さを楽しむことができるようになりました。

夜はプラントベースのアルコール メニューも!

醸造過程において動物由来の清澄剤を使っておらず、100%プラントベースで仕上げた有機ブドウを使用した赤・白やスパークリングの「ビオワイン」や、ビールなどディナータイムに至るまで、1日を通して楽しめる豊富なメニューを用意している。

サステナブルな社会の実現を目指した「KOMEDA is □」の地球にやさしいくつろぎ感ある店内空間にも注目!

「地球とくつろぐ」サステナブルな店舗の象徴として2本立てられたシンボルツリー「再生の木」は、物流で使われる荷物を載せる荷役台の古材からできています。古材を一枚一枚剥がして裁断したものを重ね合わせることで、木の皮のような風合いを出し、雄大な自然を表現しています。

また、レジカウンターの横の壁の色味の優しい壁は、高千穂の火山灰とコメダ珈琲店で使用したコーヒー粕を使うなど、自然素材だけを使い、地層のように層を重ねた塗り版築仕上げは、砂利を入れたり鏝で押さえたりと一層一層異なる表情を見せてくれます。

他にも、吹きガラスの制作過程で生まれた廃棄予定のガラスでできたペンダントライトは落ち着いたデザインでくつろぎを演出。

いつもの日常の中で、好きなときに、好きなペースで…「KOMEDA is □」の提案する“お肉を離れて100%植物由来のメニューでくつろいでみませんか?”という、くつろぎながら「肉を休む日」を美味しいプラントベースを楽しむことで、無理なく手軽に地球に寄り添うことができる新業態カフェ「KOMEDA is □(コメダイズ)」。

是非、東京 東銀座にお越しの際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

KOMEDA is □ 東銀座店(コメダイズ ヒガシギンザテン)

https://komeda-is.com
住所 東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア1階
営業時間 7:00~23:00 (L.O.22:30) ※モーニングサービス7:00〜11:00 /アルコール提供11:00~23:00
定休日 なし
URL https://komeda-is.com
その他 アクセス:東京メトロ日比谷線 都営地下鉄浅草線「東銀座」駅徒歩2分
Google Map で行き方をみる

Writer

佐藤ひと美このライターの記事をもっと読む

スイーツライター/ジャーナリスト(日本スイーツ協会 スイーツコンシェルジュ認定資格者)として、《美味しい食べ物は人を幸せにする》をコンセプトに雑誌・メディア・webサイトにてショコラトリー&パティスリー、デセールの情報発信をシェフの想いや、お菓子の由来や歴史を執筆中。

Instagram: @himmi27

ブログ: https://ameblo.jp/himmi1437/

  • 虎翼st20191001

この記事から近いお店NEAR

  • tsutaya_tokai_pc

SpyMaster Fam関連記事RELATED