• 新着記事
メニューを閉じる
メニューを閉じる

| 2018.05.29

激変する世界のコンテンポラリーダンスシーンを生き抜くアーティストを育成するプロジェクト"DANCERS' NEST"

開発めざましい名古屋の玄関口・名古屋駅からわずか二駅の近鉄黄金駅(徒歩3分)、または地下鉄中村区役所駅(徒歩13分)に位置する好立地に、ダンス、映像、現代アートのプラットフォーム「Dance House黄金4422」がオープンした。



約100㎡の5階建てのビル「Dance House黄金4422」は、国内外のアーティストの芸術及び創作活動のサポート、アーティスト間の交流や情報交換、新たなコラボレーションの創出などを通して、名古屋の芸術文化の底上げを目的として設立されたクリエイティブスタジオ。

現在はワークショップやクリエーションの場となっており、多くのダンサーやアーティストがこのビルに足を運んでいる。



その「Dance House黄金4422」で、7月23日〜29日までアジアを舞台に繰り広げられる大規模なプロジェクト"DANCERS' NEST"が開催される。

公募によって集まったダンサーが、様々なワークショップやクリエーションを受講し、最終日にはショーイングとして一般公開されるこの"DANCERS' NEST"は、<ARTISTS' SURVIVING>をテーマに、ダンサーの環境・クオリティ・技術の向上を図り、国内外の舞台で生き抜くための「セルフプロデュース能力」を学ぶ育成プロジェクトとなっている。




国内外のコンテンポラリーダンスシーンの最前線で活躍するダンサー、振付家、評論家、プロデューサーから直に様々なスキルを学ぶことが出来る貴重な機会となっており、最終日のオーディション通過者は、Dancers’Nest(韓国)に参加し、マカオ・韓国の選抜メンバーと韓国での最終クリエーションを行うことが出来る。

<ワークショップ講師(順不同)>
アレッシオ・シルヴェストリン(ダンサー、振付家)
堀田千晶(ダンサー、振付家)
森井淳(ダンサー)
大手可奈(ダンサー)

<セミナー講師(順不同)>
乗越たかお(作家、評論家)
唐津絵理(愛知芸術劇場シニアプロデューサー)
浅井信好(舞踏家、演出家、振付家)
小池陽子(ダンサー、振付家)

また、一般公開をするショーイングも開催されるため、ダンサーを目指していない方もぜひ足を運んで見てはいかがでしょうか。

==============

「DANCERS' NEST JAPAN in Nagoya 2018 SHOWING」
日程:2018年7月29日(日)
1st:開演15:00〜
2nd:開演18:00〜
*開場は各回開演の30分前
料金:2,000円(全席自由)
開場:中京テレビ プラザC
*詳細はホームページをご覧ください。

Dance House 黄金4422

http://www.dancersnest.jp
住所 名古屋市中村区 長戸井町4-38
定休日 なし
メール kogane4422@gmail.com
URL http://www.dancersnest.jp
その他 <開催期間>
2018年7月23日〜29日
*詳しいスケジュールはホームページをご覧ください。
*駐車場はございません。車でお越しの際はお近くのコインパーキングに車をお停めください。
この場所への行き方を見る

Writer

Ryosuke Satoこのライターの記事をもっと読む

東海地区で映像制作をしています。

ブログ: https://www.folklore-nagoya.com

  • ハチカフェPR
  • エイトタウンPR